ヒラスズキ





生息域 : 海水魚。房総半島から長崎県まで棲息。
スズキが河口や湾内に多いのに対し、海流が洗う外洋に面した荒磯に多い。淡水域、汽水域にはいない。

生態 : 産卵期は10月〜4月。

基本情報 : 古くはスズキと同種と思われていた。
磯の波の荒い場所にいること、旬がスズキとは真逆の寒い時期であることなど。
市場での取り扱い方も大いに違っている。
スズキに淡水魚に似た独特の臭みがあるのに対して、本種はまったくそれがない。
入荷量が少なく、一般に出回ることはほとんどない。
身色はスズキとはまったく違っている。むしろイサキやマダイに近く、血合いが鮮やかに赤い。見た目も美しく、味もいい。




市場での評価 : 入荷量は少ない。釣りもの、定置ものが多く、取り扱いがいいので、高値安定。

漁法 : 釣り、定置網

味わい : 旬は秋から冬
鱗は細かく取りやすい。皮は厚くてしっかりしている。骨はやや硬い。
透明感のある白身で色合いはイサキやマダイに近い。
スズキのような淡水魚を思わせる臭いは全くない。
煮ても、汁にしても、焼いても、生で食べても美味しい。料理法を選ばない。




釣り情報 : 磯際でのルアー釣りの対象魚。荒れている時の方がよく釣れるとされている。